新着情報
星空ファクトリー 活動日誌       一覧
ロケット教室打上成功
2018-08-25 category:工作教室 posted:長野 親情
天候不順の中、燕市・長岡市で展開している「モデルロケット教室」長岡教室の最終回です。
そう、ロケットの打ち上げ予定があります。

工作会場では、終始降ったり止んだり豪雨だったりと、目まぐるしい空模様でした。


結果、打ち上げ会場は降雨の跡もなし。
無事全員打ち上げは成功しました。
トラブルもいつものように多々ありましたが、見事天空を切り裂きました。



このロケット打ち上げ、規模の大きさや機体のサイズに関わらず、皆、親御さんの叱咤激励で完成した唯一無二のロケット。
どんな環境下でも打ち上げ可能ならば、打ち上げたい。
なぜならば、それだけの思いが詰まっているロケットだから。
大きさや規模には関係していない。
打ちあがった喜びは、なにものにも代えがたい......
思いのこもったロケット、今度は燕市で9月と10月で打ち上げます。
ロケットは大きさじゃないのよ、ハートなのよ....
星のソムリエ教室 短期集中講座 in 三条
2018-03-15 category:その他 posted:長野 親情
 5月の連休3・4・5日に、例年群馬県ぐんま天文台で行っていた合宿スタイルの短期集中講座を、三条市グリーンスポーツセンター(宿泊可)を会場に行います。



三条市グリーンスポーツセンター(写真はHP画面を引用)は、通称「大崎山」にあるスポーツ合宿宿泊施設として整備されて、体育館やテニス・キャンプ場などの設備があります。

注目すべきは、この大崎山の山頂に公園が整備されその中に、全国で学術的な皆既日食を行った最初の場所として、石碑がある点です。



日本では最初の日食観測の地で、今回「星のソムリエ教室」の計画は、なにか因果を感じます。
以前は、この石碑の関係で「移動天文車」が稼働していましたが、今度は我々が担うことになるかと思っています。



 今回、この全国初の日食観測の地で、「星のソムリエ教室」で学び、より多くの星達に興味を持って、感性豊かに日々を営める、そんな人が多く育てられればと思っています。
是非、短期集中講座にご応募お待ちしています。

まるごと県央! 1月号巻頭特集!!
2017-12-25 category:その他 posted:長野 親情
12月22日発行の地元フリーペーパー「まるごと県央!」1月号巻頭特集で星空ファクトリーが紹介されました!
団体としてのマスコミ(?)取材は久しぶりです。


表紙の写真は三条市下田の下大浦地区から三条市中心街に向けて、西の空を撮影しています。
正面の沈む「はくちょう座」は、ノーザンクロス(北十字)とも言われ12月24日クリスマスの夜に西の空に十字架の様に立ちます。
つまり、昨日ですね。


もっとも、12月25日だけ....ではなくこの時期はいつものことですが....

とにかく、久しぶりの取材でしたが楽しかったです。

星空×イタリアン 秋の星空さんぽ 会場訪問
2017-08-31 category:その他 posted:長野 親情

今回、9月29日の夜に開催される「星空×イタリアン 秋の星空さんぽ」の会場「ジャルディーノフェリーチェ」さんへ、どんな料理が普段は出されるのかを、訪問取材させて頂いた。
17時を過ぎての訪問なので、ディナーコースです。

前菜とスープ。
この前菜、なかなか良い。
各々の素材の味がしっかりと味わえ、とてもバランスが良い、こだわりを感じる前菜。
大盛り!!を頼みたい気分になる。
スープのミネストローネもまた、優しい.....

ビザ...今日は旬の食材を利用した、自家製ベーコンのオニオンしめじピザ。
これは時々で変わるので29日のピザがとても楽しみ.....。やっぱり熱々は甘い!

最後はパスタ。ワタリガニのトマトクリームバスタでした。
こんな、間違いなくおいしいに決まっているじゃないですか!

今回、追加をちょっとプラスして3000円ちょっとでした。
29日はこれにドリンク2杯付いて、個人的にはもうちょっと食べたい気分でしたが、29日は3D投影あり、望遠鏡での天体観察もあり、知覚も味覚も思いっきり刺激する事間違い無し。
自然の営みを全身で感じながら、夜の更けて行く様をゆったりと過ごせればと思っています。
是非、一緒に秋の夜更け共に空気の移り変わり、空のダイナミックさを感じてもらえればと思います。
2017年9月29日金曜日午後6時30分より、スタッフ一同お待ちしております。
しらさぎ荘 今年度ラスト星空ウォッチング
2017-03-24 category:天体観測 posted:長野 親情

三条市しらさぎ荘で、本日28年度最後の星空ウォッチングを開催。
今回、当団体で推進しています「3D宇宙シアター 4D2U」の試写も兼ねての実施です。
この4D2Uは、宇宙の全容まで見られる時空を超えると言う4次元(Dimensional)、そしてデジタルの2つのDとUniverseつまり宇宙の意。
それを、液晶シャッターメガネ(偏光メガネではない)で鑑賞するシステム。
欠点は、眠くなる....。プラネでも大抵私は寝てしまうのと、同じ....

写真は数日前の研修時の写真。
実際は星が2重に見えるが、メガネ越しで撮影。
宇宙を俯瞰で見られ、データは全て実際に観察され、軌道計算などで位置が分かっている天体が表記されている、今の本物の宇宙が再現されている所が、すごい。
もっとも、欠点も多々あるが....

さて、今回はタイミング良くこの時間帯は晴れました。
快晴ではないですが、とても透明度の良い星空を望遠鏡で見られました。
ただ、とても寒い....
望遠鏡で見た星や天体などを4D2Uで訪ねるのは、参加者も不思議な思いになったでしょう。
見た目では分からない数百光年と言う距離感は、視覚化され相対的に比較出来れば、宇宙の広さと営みの尊さそして、その生の光を見たと言う確かさは、まさしく時空を超えた「なにか」を私たちに授けます。
 今期最後に当たり、しらさぎ荘に携わっている館長を筆頭とした職員の皆様、そして、参加して頂いた市民の皆様、全ての事象関わる多くの方々に対し深く御礼申し上げます。
そして、新しく生まれ変わるその時を、皆様には心待ちにして頂きたいと思います。
 まずは、これまで本当にありがとうございました。
  活動日誌一覧 >>>
Copyright© 2007-2011 Starry Sky Factory. All rights reserved.